2017年04月09日

'17第7節東京V戦◯3-2 雨中の駒沢に吹く、湘南の新風

FB243106-0C90-4096-962C-537E0956C3E6.jpg

試合前、フィールドプレーヤーのアップが始まってすぐに、神谷優太チャントと石原コール。
今季初スタメンとリーグ戦初出場、この2人に勇気を与えるべく。

彼らは期待に違わぬ働きをみせる。
敗戦後の大事な試合、雨のピッチに新しい湘南の風を吹かすような、パワーと躍動感があった。

神谷が前線から右サイド深い位置でプレスを掛け、マイボールにした場面はサポーターを熱くした。
後半の3点目は背番号7のCKから。前半にも惜しい直接FKを放つなど、プレイスキッカーとしても存在感を示した。
また、高山、征也が離脱しやや手薄なサイド、今日の石原の活躍は大きい。リーグ初出場ながら比較的安定、とくにハラハラさせるシーンもなかった。

この二人の先発で発奮したのか、途中出場で気迫溢れるプレスを繰り返した未月。これぞMade in SHONANといったプレーぶりでスタンドを沸かせた。

俊介は2得点、たしか14年も東京V戦で決めたような。相性良いのかも。

秋元は前節を引きずることなく安定。
天候が天候だっただけに少しだけ心配していたが、杞憂に終わった。
しかし最後の負傷は大丈夫だろうか。軽症であることを祈ります。

9308ACC9-5804-4E99-B934-438B53A0A0B3.jpg

試合後、梶川諒太がアウェイスタンドに。
拍手と大きなコールを送った。

梶川といえば13年の胸スポンサー獲得に繋がったゴールがまず思い出されるが、
プレーの精度をチーム内に求めた彼の姿勢が、当時の湘南に与えた影響は結構大きかったと思う。

13年14年があって15年があり16年があり今がある。
もちろんその前も。前節讃岐の馬場ちゃんしかり、過去に在籍した選手へのリスペクト、大事ですね。ただ試合後よい気分で迎えられるように、やっぱり試合には勝たないと(苦笑)!


posted by umikaze at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448869707

この記事へのトラックバック